08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物取扱業の適正化についてのパブリックコメント

Blue Bird’s Nestさんのブログより
転載させていただきました。


動物取扱業の適正化についてのパブリックコメントが環境省にて募集されています。この結果により、来年動物愛護法が決定します!どうか今度こそ、今度こそ犬猫の販売日数制限、8週齢未満を親から引き離して販売することを禁止させましょう。この8週問題は、今回の改正の目玉であります。日記などで拡散お願いします。(この日記を自分のブログに黙ってコピーしていただいて構いません)。

環境省
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069
ページ中央付近の「添付資料」のところに、募集要項など全て載っています。

前回の改正時のいきさつが書いてある、小委員会の渡辺眞子さんのブログ
http://www.mako-w.com/Entry/675/

下に「パブリックコメントの書き方例」を書いておきますので、参考にしてください。難しく考えることはありません。環境省の「動物取扱業の適正化について(案)」(←クリックで飛びます)を読んで、それに沿った意見を書けばいいのです。例ではほとんど全ての項目について書きましたが、1つの項目についてのみでも構いません。皆さんの意見を1つでも、法に反映させることが必要であり、来年からの殺処分数の減少に確実に繋がるのです。

前回、5年前の改正時には、愛護側のパブコメ数が足らなかったことから、動物販売業者側(悪徳業者含む!)の言いなりに法が決まってしまっています。犬猫殺処分数の減少に直接繋がるよう法を改正するために、絶対にパブリックコメントは必要です。1項目でも一言でもいいので(「生後8週未満の犬猫を親から引き離すことに反対します」だけでもかまいません。)、名前と住所、電話番号・メールアドレスを書いて環境省に意見を送ってください。環境省の小委員会にて議論に上がった内容は、環境省のページの「動物取扱業の適正化について(案)」をご覧下さい。

(この案の中に【参考資料1:第4回小委員会資料1「深夜販売・販売時間について」】など書かれていますが、その参考資料のページが分からない人のためにそのリンクも張っておきます。こちらは、長くて大変ですし、必ず読まなければ書けないというわけではありませんが、詳しい議論内容を知りたいがどこに載っているか分からないという人のためにリンクを張っておきます。
中央環境審議会動物愛護部会 動物愛護管理のあり方検討小委員会(第4回)議事録 
http://www.env.go.jp/council/14animal/y143-04a.html
パブコメは、
郵送・ファクシミリ・電子メールのいずれかの方法で提出してください。
電子メールで送付される場合は、ファイル形式をテキスト形式としてください。

意見提出先

http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069
より抜粋して載せておきます。

環境省自然環境局総務課動物愛護管理室
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
メールアドレス:shizen-some@env.go.jp
FAX:03-3508-9278


☆パブリックコメント書き方例☆


1.意見提出者名:(法人・団体の場合は法人・団体名及び代表者名並びに本件
担当者氏名及び所属部署名)
2.住所:〒
3.連絡先電話番号、FAX番号、電子メールアドレス:
4.御意見:(案文の該当箇所を引用する場合はページも明記してください)

(1)深夜の生体展示規制

昼夜を問わぬ、または長時間の展示において、とりわけ長い睡眠時間の必要な幼い犬猫は成長時に支障をきたします。夜8時以降の販売は禁止にしてください。
また、昼の展示も、3時間ごとに休憩を挟むなど、連続展示をひかえることを要望します。また、この件において、現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までを対象とすることを要望します。

(2)移動販売

移動のストレスや騒音、また、病気の動物に対し適切な治療がなされていなかったりする例があります。仮に基準を決めたところで監視は難しいと思います。禁止を要望します。

(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化

対象は物ではなく、命です。簡単にパソコンのボタンを押して、宅配便で届くなどの安易な扱いは異常なことだと思います。インターネットなどの対面をしない販売は全面禁止を要望します。

(4)犬猫オークション市場(せり市)

本来、禁止すべきことだと思います。「動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等」の2ページめ、基本原則 第二条に 「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」とありますが、オークションにかけることは、命あるものにかんがみという条文に著しく反した違法行為です。

しかし、現在において、「販売されている犬猫は、一定の割合でオークション市場での取引を経由している」ということが、案の3ページ目74行に書かれていましたから、どうしても急には廃止できないというのであれば、同ページ77行からの提案のように、最低でも「ペット関連業者が動物取扱業の登録業者であるかどうかの確認ができる仕組みや、市場の情報公開を義務付け、必ず、行政等に司法警察権を持たせて、監視し取り締まる仕組みを確立しなければならないと思います。

(5) 犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢

とりわけ犬では、早期に引き離した場合、成長後に、咬み癖や吠え癖等の問題行動を引き起こす可能性が高まるとされていますが、このことにより、保健所につれていかれ、殺処分される現状をつくっていると言えます。確かに、犬にも猫にも個体差はありますが、全ての幼い犬猫が社会化される日数を基準として頂きたい。7週程度ではまだ、社会化の不十分な個体もおります。最低でも8週未満を親から引き離さないようにすべきです。

(6) 犬猫の繁殖制限措置

繁殖は母体に多大な負担をかけます。無理な繁殖により、歯や顎の溶けてしまった母犬も見られます。自主規制にまかせるという意見もあるようですが、自主規制程度では現状は変わらないと思います。最初の繁殖年齢の設定や、生涯における繁殖回数の制限は必須です。

(7) 飼養施設の適正化

これも必ず数値化して頂きたい。数値規制がないことにより、立ち上がることも困難なケージに動物が押し込められているところもあります。法規制をつくって頂きたいです。犬猫だけでなく、うさぎなど、動物取扱業に入っているものについて皆、検討すべきと思います。

(8) 動物取扱業の業種追加の検討

①動物の死体火葬・埋葬業者
2010年4月に、ペット葬儀屋の男が山に動物の死体を捨てる事件が起こりました。とりわけ、ペットが家族化している現状がある中で、古来から、家族とした死者の魂がかえってくるという思想である盆や49日などの死生観と風習を持つ日本人にとって、著しく心情を害する事件であったと思います。動物愛護先進諸国にはまだ葬儀屋の規定はありませんが、このような事件が起こったことと、日本人独特の死生観から見ると、業種に含め、法にて管理するのがよいと思います。案の5ページ目160行の「法第1条で生命尊重等の情操の涵養に資することが目的とされていることから、動物の葬送についても業種に含むべき」という意見をおします。

②両生類・魚類販売業者
案の5ページ目170行にありますように、「魚類等の遺棄により生態系への影響が見られる事例があり、生物多様性保全の観点からも問題の温床となっている」ということから規制の対象とすべきと考えます。

③ 老犬・老猫ホーム
④ 動物の愛護を目的とする団体

③においては、業種登録等の規制は必要だと思います。
④にも、悪徳団体もあるといううわさから、なんらかの規制は必要だと思いますが、どちらも一般的な動物取扱業者とは異なる対応がふさわしいと思います。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
(10)登録取消の運用の強化
法令を違反した場合、登録されているものの取り消しと、再度の動物取扱業の登録拒否を行える条項は追加すべきであると思います。現在のように、違反しても上手く取り締まれず、多くが野放しで、また違法とされて裁かれても罪が軽く、再登録すればまた商売を始められるというのでは法の意味がありません。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
(12)動物取扱責任者研修の緩和(回数や動物園水族館・動物病院の扱い検討)
業種緩和の検討(動物園・水族館の緩和検討」
(13)販売時説明義務の緩和(犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和の検討)

現在において、動物愛護法の「動物が命あるものであることにかんがみ、何人も、動物をみだりに殺し、傷つけ、又は苦しめることのないようにするのみでなく、人と動物の共生に配慮しつつ、その習性を考慮して適正に取り扱うようにしなければならない。」というところがまもられていないところが多く見られるなか、法規定から除外したり業種や説明義務を緩和したりはすべきではないと思います。
(12)は、案の7ページ目246行にある、「動物園・水族館の職員や動物病院の獣医師であっても動物愛護に関する知識を有しているとは限らない場合があることから、一律に責任者設置義務規定を外す必要性はない。」という意見に賛成です。
(13)で、ハムスターを不適切な飼い方により死なせてしまった件は多々ある。動物愛護法にあるように、「いのちあるものとしてかんがみ」であるのならば、そのような件を減らすよう努力すべきであると思います。

(14)許可制の検討(登録制から許可制に強化する必要性の検討)

現在の登録制では規制が不十分であり、法令を違反して登録を抹消されても再登録すれば業務再開できるのはおかしい。許可制にする強化が必要だと思います。

.:*:・:・'゜★。.:*:・'゜転載ここまで☆。.:*:・'゜ ★。.:*:・'゜


個人で保護活動されてる方のブログを
週末忙しく数日振りに見に行かせていただいたて朝から
ショックとがんばらないと。。。という気持ちが入り混じって複雑です。
いつも見に行かせていただきいろいろ参考にさせていただいてました。
その『純情仔猫物語』のkazuさんが急性白血病で倒れられたとのことでした。
kazuさんのパブリックコメントの下書きを拝見させていただき
kazuさんの人間の勝手で振り回される動物たちをなくしたいとの
想いがひしひし伝わってきました。

テレビや映画に出た犬種などはつも流行りとなり
大量に繁殖させられます。
盲導犬が放送されればラブラドールはみな
ああいう犬種だと思い何の下調べや知識を付けることなく
飼って違うと捨てる人。。。
人間の勝手で振り回していい命などないはずです
私たち人間も動物です。
木や草がある場所に先に平和に過ごしていた動植物を追いやって
コンクリートを敷き詰め侵入してきたのは私たちなんです
そういうことも考えながら地球に感謝して
地球に住むすべての命に感謝して
守れる命は守れる人間になりたいと私は思います。

大きい・小さいなんて関係なく。。。


パブリックコメント賛同される方みんな出しませんか?

『飼い主が亡くなった時 残された動物』
http://dogactually.nifty.com/blog/2010/11/post-bc28.html
こういうシステムもできればいいなと思います。


ポチっと3つ応援よろしくお願いします

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

人気ブログランキング

fc2ランキング


No title

言葉が見つかりません

当事者として
パブリックコメント出します!

KAZUさんよくなりますように
Secret

プロフィール

アルテミス

Author:アルテミス
アルテミスこと岡崎 好真^^
主婦兼
アニマルコミュニケーター
ヒーリングファシリテーター
カリスマシャーマン
陰陽師の
デコボコ兄弟の母です^m^
プロフィール続き♪

☆彡セッションメニューは
こちらへ
Precious☆Soul

◆当ブログ内の画像の著作権はアルテミスにあります。
無断でのご使用はご遠慮ください。 
個人で楽しんで頂くのは歓迎です♪

artmis_artmis37をフォローしましょう

mixi_banner_05.gif

アメブロバナー1

デコボコ兄弟♪♪


『くぅ』さん
オグロプレーリードッグ
2002年春ごろ生
長男享年2歳
医療ミスのため
2004年4月23日虹の橋を渡る


『小太郎』
2003年12月10日生
次男享年10歳
生後10日で保護して
我が家の一員となる
動物には優しく
人間には手厳しい・・・
2014年4月10日虹の橋を渡る


『まめ』
2004年2月22日生
三男坊享年6歳
オグロプレーリードッグ
天然さんであまえんぼう
呼べば返事して走ってくる可愛いやつ♪
特技『もも』の専属
マッサージ師
2010年8月21日虹の橋を渡る


『もも』
2005年6月生(推定)
2005年9月4日保護
長女5歳
生後2~3カ月くらいの時に
お風呂屋さんの帰りに見つけ
翌日台風接近のため保護
悩んだあげく我が家に迎える
永遠の少女又は魔性の女ともいう
又はアルテミスの
可愛いストーカー♪

のんちゃん9
『のん』
2012年10月1日生まれ(推定)
2012年10月3日
terangbulanのマスターが釣りの
帰りに鳴き声に気付き
へその緒が付いたままの状態で
保護されその日からお預かりして
育児に奮闘(;^ω^)
そのまま11月1日家族に迎えました。
その時の記事
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-700.html
KY・天真爛漫憎めないキャラ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

ランキング♪

ランキングに参加してます♪
ポチっと押して頂ければ励みになります。
fc2ブログランキング
fc2ブログランキング♪

人気ブログランキング

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

お気に入りの本♪

お気に入りのショップ&ブログ

月別アーカイブ

ショッピング ♪





検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。