10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

殺処分の現実 【転載記事】

Seijiさんのブログ
http://blog.livedoor.jp/houzyou_seiji/archives/52124588.html
を転載させていただきます。

今までたくさんの動物たちの殺処分の映像を見てきたけど、
一番リアルでショックな映像を見つけたので紹介させてほしい。

本当にショックな映像ばかりだから見れない人もいると思う。
まだ赤ちゃんのネコや犬たちも関係なく死んでいってる。

このコたちは何のために生まれてきたんだろう。
誰かに食べられるわけでもなく、愛されるわけでもなく、ただ冷たい場所で機械的殺されていく。


これが日常ってことをこの国に住む全ての人に知って欲しい。


以下の動画は人によっては気分が悪くなったりすると思うので、自己管理で見てください。
見ろって言ったり、見るなって言ったりごめん。
でも、そんな矛盾したことを言うしかない動画やねん。。






口の中が変な味がする。力もあまり入らない。
これを見終わったときに感じたのは、そういう感覚と無力感やった。
何年も現状を伝えてきたけど、やっぱりこうやって殺されていく子たちを見るとただ無力感だけが残る。

こういう動画からは許さない!とか怒りの感情は不思議といっていいほど全く沸かない。
ただ自分の力の無さが悔しい。

だけど、いくら自分が無力でもこれからも自分が生きてる限りずっと伝えていこうと思ってる。
絶対に大きな流れを作ってたくさんの人に現実を知ってもらうって決めてるから。

改めてこの動画を見れてよかった。




どうやってこの現状を上手く効率的に伝えていけばいいかよく考える。
ただ殺処分は駄目!ってサイトを作ったり、その手の記事ばかり書いていても広がりは薄いのかなって。

なぜなら、そういうサイトを検索などで見る人たちってもともと殺処分や動物保護に関心がある人たちなんで、既に現実を知ってる人たちだったりするから。


よくオレの所に毛皮反対や食肉や動物実験の記事を書いてくださいってメッセージを頂くねんな。
でもそういった記事はほとんど書かない。

理由は、たとえばオレが動物愛護の記事ばかり書いてるとそのことに興味がある人はたくさん見てくれるけど、
それに興味がない層への訴求力が弱まってしまうから。

たくさんの人に現実を知ってもらいたいので、普段は動物の可愛い写真や面白い記事を書いたりして、見てくれる層を動物の処分に関心がない人をターゲットにしてる。

いざというときに動物愛護に関しての記事を見てもらえるようにと考えてそういう記事はあえて書いていない。

もちろん自分一人が署名したり、そういったことを勉強することは全く惜しまないので、力になりたい。

オレが発信する内容が動物愛護のことばかりになるともともと動物の処分などに関心が高い人ばかり集まって、意見を言い合ったり、少ない人数で発信する場になってしまうのでそれを避けたいから。


関心がある人たちに更に関心を持ってもらうことはもちろん大切だけど、
いまこういった現状を知らない人たちにしってもらうことのが、もっと効率的に大勢の人に伝わっていくんじゃないかって考えてる。

それが今はツイッターだったりブログだったりするのかな?
特にツイッターは拡散しやすいってのがあるから知ってもらうにはいい方法って思ってる。
なので拡散御願い。


関心がない人に御願い。
保健所で動物たちが殺されてるから今すぐ引き取ってきて!なんてことは言えない。
動物を引き取るってことは経済的にはスペース的にも色々な面で覚悟がいるから。

それは言わないので、この現実を一人でも多くの人に伝えてほしい。
もしあなたが動物を引き取って育てていく力がなくても、あなたが伝えた人が持ってるかもしれない。
もしあなたが伝えた人がその力がなくても、更にその先で知った方が引き取ってくれるかもしれない。

そんな風に大勢の人が関心を持つことによって、これから動物を飼う人の意識が変わったり、ペットショップの在り方が変わったり、地域の人が野良たちへの接し方が変わったり、行政が動いたりと無意味に殺されていく動物たちが救われるさまざまな動きが出てくるはず。

だから皆で知っていこう。そして伝えていこう。


2008年に書いたこの記事はたくさんの人の目に止まり何百ってコメントを頂いた。

殺処分という名の元に殺されていく動物たちの叫び

記事を書いて数年たつけど、関心の無い人も読んでもらってるって実感してる、
手紙なんかで学校で皆で話し合いました!とか、ペットショップで買う予定だったけど保健所でもらってきました!って文章を読むと本当に嬉しい。


長い文章読んでくれてありがとう!

:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:転載ここまで*:・'゜★。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜


とてもショッキングな映像でした
でも現実なんですよね
この子たちがなにをしたというのでしょう
ただただごめんなさいと謝るしかできず手を合わせながら
最後まで観させて頂きました
同時にSeijiさんも書かれてますが
自分の無力さ小ささに悔しさと悲しさがこみあげて来ました

同じ命なのにどうしてこうも違う扱いになってしまうのでしょう

どうか産まれてくる命に責任を持てないのなら
去勢・避妊をしてください。

動物をお迎えすることを安易に考えないでください

洋服を買うように衝動買いなんてしないでください

万が一責任が持てなくなったら必ず
次の家族を探してあげてください。

殺処分ゼロにするために5年に一回の法改正です
意見を送る時ですパブリックコメントに意見を送ってください。
27日までです!
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-439.html

業界も自分たちの利益を守るのに必死になってあの手この手で
意見を送ってます。人間のエゴで殺される命なんて
あってはいけないと思います。

『犬猫救済の輪』さんのブログにそのまま簡単に
コピペして使えるように書いてありました。
http://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-entry-2239.html

動物に優しい国なってほしいです

ポチっと応援お願いします

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

人気ブログランキング

fc2ランキング
ありがとうございます


Secret

プロフィール

アルテミス

Author:アルテミス
アルテミスこと岡崎 好真^^
主婦兼
アニマルコミュニケーター
ヒーリングファシリテーター
カリスマシャーマン
陰陽師の
デコボコ兄弟の母です^m^
プロフィール続き♪

☆彡セッションメニューは
こちらへ
Precious☆Soul

◆当ブログ内の画像の著作権はアルテミスにあります。
無断でのご使用はご遠慮ください。 
個人で楽しんで頂くのは歓迎です♪

artmis_artmis37をフォローしましょう

mixi_banner_05.gif

アメブロバナー1

デコボコ兄弟♪♪


『くぅ』さん
オグロプレーリードッグ
2002年春ごろ生
長男享年2歳
医療ミスのため
2004年4月23日虹の橋を渡る


『小太郎』
2003年12月10日生
次男享年10歳
生後10日で保護して
我が家の一員となる
動物には優しく
人間には手厳しい・・・
2014年4月10日虹の橋を渡る


『まめ』
2004年2月22日生
三男坊享年6歳
オグロプレーリードッグ
天然さんであまえんぼう
呼べば返事して走ってくる可愛いやつ♪
特技『もも』の専属
マッサージ師
2010年8月21日虹の橋を渡る


『もも』
2005年6月生(推定)
2005年9月4日保護
長女5歳
生後2~3カ月くらいの時に
お風呂屋さんの帰りに見つけ
翌日台風接近のため保護
悩んだあげく我が家に迎える
永遠の少女又は魔性の女ともいう
又はアルテミスの
可愛いストーカー♪

のんちゃん9
『のん』
2012年10月1日生まれ(推定)
2012年10月3日
terangbulanのマスターが釣りの
帰りに鳴き声に気付き
へその緒が付いたままの状態で
保護されその日からお預かりして
育児に奮闘(;^ω^)
そのまま11月1日家族に迎えました。
その時の記事
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-700.html
KY・天真爛漫憎めないキャラ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

ランキング♪

ランキングに参加してます♪
ポチっと押して頂ければ励みになります。
fc2ブログランキング
fc2ブログランキング♪

人気ブログランキング

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

お気に入りの本♪

お気に入りのショップ&ブログ

月別アーカイブ

ショッピング ♪





検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター