10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

動物はすべてを知っている Kinship with All Life

明日で~す
魔女フェスタ今回はミニカラー講座です
まだまだご参加受け付けておりま~す♪

http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-776.html

わく♪はぴ♪セッション最終モニター募集中です
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-781.html

癒しスタジアム出展します^^
ブース№141・142です。

http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-782.html

杉本彩さんのブログです。
『京都から日本初のアニマルポリスを!署名のお願い』

http://ameblo.jp/sugimoto-aya/entry-11508808535.html




数年前に買ったまま読んでなかった本(^_^;)

動物はすべてを知っている (ソフトバンク文庫)動物はすべてを知っている (ソフトバンク文庫)
(2005/06/04)
J.アレン・ブーン

商品詳細を見る


最近読み始めた。。。

読み始めてすぐになぜにもっと早く読まなかったのだろうと思った
でも、たぶん今がタイミングだったのかもしれないな~^^

本を開くと最初に「よしもとばなな」さんの推奨文に感動しました。
一部抜粋させていただきます
「この本を読んで。。。大きく開かれたドアに気づかなかったのはこちらがわなのだ。彼らはいつでもそこにいて、私たちの裸の魂を眺めていたのに。。。。
彼らは天使だからただ生きて死んでいく。その高貴なふるまいの中に汚れはないのだ。。。。
瞬間を生きない私たちは、いつでも彼らにそんなことを押しつけている。
「もうそれ以上苦しまないで、死んでもいいよ」と言わなければ死なないでがんばっていてくれる。そんな生き物に何かを教えたりできると思っているなんて思いあがりなのだろう。。。」

そこからこの本が読みたくて一気に半分読んであとは用事の合間に読んでと本を読みたさに用事を早く済ませて読むなんて久しぶりだな~と興味深く読みました。

本の事について書くととても長くなりそうなので簡単に書くと
アニマルコミュニケーターになりたい
お家の動物たちともっとコミュニケーション取れるようになりたい
と思ってる方がには読んでいただきたい本です。

以上!

と書くと簡単すぎるのでもう少し書かせていただくと

内容は著者J・アレン・ブーンがハリウッドの100万ドル俳優犬ストロングハートを友人から預かり共同生活を始め「たかが犬」と思っていたところからストロングハートとコミュニケーションを取りたいと変化しどうやったらストロングハートの伝えたいことが分かるのか試行錯誤しながら絆を深めていくお話です。
ここまで自分ちのにゃんずを観察し向き合ったことがあったかと自分に聞くと。。。NOでした。。。

著者がストロングハートを預かるにあたっての注意事項が
☆知的な人間に接するのとまったく同じように接すること
☆いかなるときもみくびった態度で接しないこと
☆幼児言葉をつかわないこと
☆けっして本心ではないうわべのことばをかけない
そして最後に
☆毎日ためになる本を読んで聞かせること

上記4つまでは講座でも同じようなことをお伝えしえます。
本を読んで聞かせるというのには驚きでした。

「イヌとしゃべる方法」や「五感は最大の障害物」など読んでて共感するところが多々ありました。

ガラガラ蛇の本当の気持ち
ハエのフレディとのことなどなど。。。

興味深い内容が盛りだくさんでした。
胸や目頭が熱くなる箇所も多々ありました。

この本の中に
「すべてのいのちにはおなじひとつの無限の知性が流れているということでした。四本足の哲学者、六本足の哲学者、足のない哲学者たちはみんな、その知性を私に分けあたえ、私と共有することができます。どんな姿をした生き物でも、人と出会う生き物すべて宇宙の大いなる『全一性』のなかでそうした意思の疎通が可能なのです。。。。
「生き物すべて、たとえハエ1匹であろうとも、きみと分かち合うべく貴重ななにかをもっているー
ただし、きみにその用意ができたときにかぎるが」」

そうなんですよね
彼らは常に私たちとコンタクトをコミュニケーションを取ろうとしてます。
受け取る私たちの準備が出来ていないだけなんですよね
私ももっともっと彼らとコミュニケーションを取りたいと思いました。
ウソは通用しない彼らとちゃんと向き合っていこうと思います。

もっともっと練習して学んでいきたいですね^^

腑に落ちるところ
感動するところ読む人それぞれ違うと思います
気になる方は読んでみてください
そして著者のいうことやってみてください^^


こちらも気になるので購入して読んでみようと思います^^

ヒトはイヌとハエにきけ―異種間コンタクトの方法ヒトはイヌとハエにきけ―異種間コンタクトの方法
(1998/04)
J.アレン ブーン

商品詳細を見る




光に愛と希望と感謝をこめて

ポチっと応援お願いします

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

人気ブログランキング

fc2ランキング
ありがとうございます


Secret

プロフィール

アルテミス

Author:アルテミス
アルテミスこと岡崎 好真^^
主婦兼
アニマルコミュニケーター
ヒーリングファシリテーター
カリスマシャーマン
陰陽師の
デコボコ兄弟の母です^m^
プロフィール続き♪

☆彡セッションメニューは
こちらへ
Precious☆Soul

◆当ブログ内の画像の著作権はアルテミスにあります。
無断でのご使用はご遠慮ください。 
個人で楽しんで頂くのは歓迎です♪

artmis_artmis37をフォローしましょう

mixi_banner_05.gif

アメブロバナー1

デコボコ兄弟♪♪


『くぅ』さん
オグロプレーリードッグ
2002年春ごろ生
長男享年2歳
医療ミスのため
2004年4月23日虹の橋を渡る


『小太郎』
2003年12月10日生
次男享年10歳
生後10日で保護して
我が家の一員となる
動物には優しく
人間には手厳しい・・・
2014年4月10日虹の橋を渡る


『まめ』
2004年2月22日生
三男坊享年6歳
オグロプレーリードッグ
天然さんであまえんぼう
呼べば返事して走ってくる可愛いやつ♪
特技『もも』の専属
マッサージ師
2010年8月21日虹の橋を渡る


『もも』
2005年6月生(推定)
2005年9月4日保護
長女5歳
生後2~3カ月くらいの時に
お風呂屋さんの帰りに見つけ
翌日台風接近のため保護
悩んだあげく我が家に迎える
永遠の少女又は魔性の女ともいう
又はアルテミスの
可愛いストーカー♪

のんちゃん9
『のん』
2012年10月1日生まれ(推定)
2012年10月3日
terangbulanのマスターが釣りの
帰りに鳴き声に気付き
へその緒が付いたままの状態で
保護されその日からお預かりして
育児に奮闘(;^ω^)
そのまま11月1日家族に迎えました。
その時の記事
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-700.html
KY・天真爛漫憎めないキャラ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

ランキング♪

ランキングに参加してます♪
ポチっと押して頂ければ励みになります。
fc2ブログランキング
fc2ブログランキング♪

人気ブログランキング

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

お気に入りの本♪

お気に入りのショップ&ブログ

月別アーカイブ

ショッピング ♪





検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター