07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

昨日の松戸市の盲導犬虐待の件について

松戸市の盲導犬ジョニーの虐待の件は事実のようですが
転載記事が加筆されたものでしたので削除させていただきました。

もしこのブログを読んで転載して頂いた方がいらっしゃいましたら
申し訳ありませんが削除の方お手数ですがお願いします。
(コメントいただきました方には連絡済みです)

正確な経緯はこちらでご覧下さい。

すべて読んでいただいてご協力いただける方はよろしくお願いします。


ワンコのかあさんからの便り クリックしてください。


以下杉本彩さんの今回の件についてのコメントを転載させていただきます。

事実確認の上、
私に何ができるか、
考えてみたいと思います。

私が盲導犬に関して思うことを
少し書かせて頂きます。

盲導犬は厳しい訓練によって、
犬の本能を抑制することを

課せられています。


それは、

社会性を身に付ける躾とは
比較にならないほど厳しいものです。


仕事中は走らない…


匂いを嗅がない…


犬がいても見ない、

相手にしない…

などの行動制限から、
排泄制限まで、
徹底させられるようです。


そのストレスは、
一般の飼い犬とは
比べようもなく大きく、
リタイア後もその後遺症で
犬らしい行動をとれません。


実際、仕事中に

何かを踏んで足をケガしても、

立ち止まれないし、
病気になっても
誰かが気付いてくれるまで我慢してしまう。


以前、友人が
こんな光景を目にしました。


飛行機から降りて、
空港内の通路で歩きながら

排便している盲導犬がいたそうです。


普通の犬では、
歩きながら排便するなんて
考えられない行動です。

ずっと我慢してたんでしょうが、
とうとう限界がきて、
それでも仕事中だから
止まることができずにしてしまったんだと思う、
と犬の性質をよく知る友人が言っていました。


ですから、もちろん、
排尿も好きな時にできないわけです。


しかし、これらは
病気に繋がることでもあるし、
病気やケガの発見も遅れます。


盲導犬は視覚障害者の方には
必要だと思われますが、
それでも命あるパートナーであって、
決して道具でもなければ
機械でもないのです。


病気にもなるし、
体調が悪い時もあります。


心身共に

非常に大きな負担を
強いられている盲導犬を、
使用者が十分にケアしきれない分、
周りの人達が
盲導犬に配慮してあげるような、
優しい社会でなくてはならないのです。


ですから、
盲導犬を管理している協会も、
使用者だけでなく盲導犬も含めて、
社会の配慮を啓蒙してほしいものです。


盲導犬は、
使用者や仕事に忠実で、
我慢強く自分の身体を
犠牲にして生きています。

盲導犬が使用者と一緒に、
長距離マラソンをした話が
美談として伝えられていると、
聞いたことがあります。


犬は元々、
長距離を走るに
耐えられない動物です。


それでも、
そんな犬の性質を無視して、
走らされる犬の心臓は、
とても高いリスクに曝されるのです。


確実に寿命を縮めてしまいます。


自分の命を犠牲にして、
人間のいうことに、
どんな無理難題でも
絶対服従で人間に尽くす盲導犬…。


そんな盲導犬の姿を、
単なる美談で終わらせてはいけないと、
私は強く思います。


ましてや、そんな盲導犬を、
故意に虐待するなど、
許されることではありません。


もしも、この沢山の
今回の情報が事実なら、
即刻保護するべく、
みんなで行動を起こすべきです!



Secret

プロフィール

アルテミス

Author:アルテミス
アルテミスこと岡崎 好真^^
主婦兼
アニマルコミュニケーター
ヒーリングファシリテーター
カリスマシャーマン
陰陽師の
デコボコ兄弟の母です^m^
プロフィール続き♪

☆彡セッションメニューは
こちらへ
Precious☆Soul

◆当ブログ内の画像の著作権はアルテミスにあります。
無断でのご使用はご遠慮ください。 
個人で楽しんで頂くのは歓迎です♪

artmis_artmis37をフォローしましょう

mixi_banner_05.gif

アメブロバナー1

デコボコ兄弟♪♪


『くぅ』さん
オグロプレーリードッグ
2002年春ごろ生
長男享年2歳
医療ミスのため
2004年4月23日虹の橋を渡る


『小太郎』
2003年12月10日生
次男享年10歳
生後10日で保護して
我が家の一員となる
動物には優しく
人間には手厳しい・・・
2014年4月10日虹の橋を渡る


『まめ』
2004年2月22日生
三男坊享年6歳
オグロプレーリードッグ
天然さんであまえんぼう
呼べば返事して走ってくる可愛いやつ♪
特技『もも』の専属
マッサージ師
2010年8月21日虹の橋を渡る


『もも』
2005年6月生(推定)
2005年9月4日保護
長女5歳
生後2~3カ月くらいの時に
お風呂屋さんの帰りに見つけ
翌日台風接近のため保護
悩んだあげく我が家に迎える
永遠の少女又は魔性の女ともいう
又はアルテミスの
可愛いストーカー♪

のんちゃん9
『のん』
2012年10月1日生まれ(推定)
2012年10月3日
terangbulanのマスターが釣りの
帰りに鳴き声に気付き
へその緒が付いたままの状態で
保護されその日からお預かりして
育児に奮闘(;^ω^)
そのまま11月1日家族に迎えました。
その時の記事
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-700.html
KY・天真爛漫憎めないキャラ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

ランキング♪

ランキングに参加してます♪
ポチっと押して頂ければ励みになります。
fc2ブログランキング
fc2ブログランキング♪

人気ブログランキング

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

お気に入りの本♪

お気に入りのショップ&ブログ

月別アーカイブ

ショッピング ♪





検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター