06
1
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

自由になった小太郎~またね。。。

お久しぶりです。

やっとブログを書けるようになりました。

私の大切な愛猫・愛息
『小太郎』が4月10日AM3:58永眠しました。
DSC05235.jpg
(苦手な方のためにサムネイルにしています。)

そして今日最後の見送りをしてきました。
DSC05256.jpg
kanakoさん・えりさん・桜さん
綺麗なお花とおやつをありがとうございました<(_ _)>



3月3日にトイレを何度も行き来するのを見て
膀胱炎が再発したと思い病院へ電話をしてお薬を
取りに行って様子を見ていたのですが今回は治まる様子がなく
かかりつけの獣医さんへ相談したところ
「年齢も10歳なので一度レントゲンとエコーを撮って検査してみましょう」
ということで10日に検査したところ膀胱に白い影と腹水が溜まってる状態でした。
その2日後にCTを撮りに行き検査結果が出るまでの5日間祈るような思いでしたが
結果は最悪な状態でした。
膀胱ガンに脾臓への転移等全身に転移の可能性あり
その他いろんなことが小太郎の体の中で起こってました。

仕事をしながらなんとかなる状態ではなくなり
私が出来るだけ小太郎の傍に居たいと思い
お休みすることを決断しました。

それから一進一退の状態が続きましたが
良くなることはなく10日永眠しました。

いろんことを小太郎から学びました。

そしてかかりつけの獣医さんもとてもいい先生で
私が分かるまで何度聞いても嫌な顔一つせず
同じことを何度も何度も説明してくださり
メモして帰ろうとしたら先生がレポート用紙に
絵を描いて説明してくださったり
私のメンタルまでケアしてくださいました。

私が
「もっと早く気づいて検査受けていたら
小太郎はここまでにならずに元気だったのではないか」と
言うと先生は
「初期の段階で見つけていたら僕たちは処置してしまうんです
それが逆に寿命を縮めてしまうこともあるんです
こたちゃんはお母さんがこのタイミングで見つけなければ
またお母さんが毎日注射をしなければもっと早く亡くなってましたよ
それはお母さんがこたちゃんを通して学んだ最高の介護技術ですよ」

と優しくお話ししてくださいました。

小太郎は1か月付き添って看病する期間を与えてくれました。
それは私が後悔することが少しでも減るように
私が自分を責めないように
そして何より私が小太郎を看取る覚悟・気持ちの整理が付けられるように
与えてくれた、頑張ってくれた期間でした。

そんな頑張ってくれてるこたに私が出来ることは
「頑張らなくていいよ。こたのタイミングで良いんだよ」
と伝えることくらいでした。
そう言えるようになるために向き合える時間を作ってくれたのだと思います。

本当に動物たちというのは凄いなと思います。

どれだけいいサプリがあっても医療などが発達して進化しても
肉体を持って生まれてきた以上いつか経験すること
そしてそれは家族にお迎えしたときから始まっていること
分かっていてもそれはまだまだ先の事と思ってしまいます。

そして私たち人間も同じこと。。。

また置いて逝くより看取ってあげる方が幸せだということも。。。

小さな体で大きな愛とエネルギーで私たち飼い主は守られているんだと感じます
この小さな子が居なくなっただけで家の中が広く感じ家の中が何か違うように感じるのは小太郎の存在がどれだけ大きかったのかを思い知らされます。

10年という月日が長いのか短いのか分からないけど

小太郎。。。
こた。。。
おかんはあなたにもう触れられないのはとても辛いです。
あなたの声が聞けないのがとても辛いです。
家に帰って真っ先にあなたがお迎えに出てこないのがとても辛いです。
そして何よりあなたがいないのがとてもとても辛いです。

小太郎^^
こた^^
あなたは最高のパートナーで
鏡で先生で幸せと癒しを運んでくれた天使でした。

そんなあなたをおかんはこんなにも大好きで愛おしいと思っていたことに改めて気づきました。

居て当たり前。。。ではなく
居てくれてありがとうなんだよね

小太郎
生まれてきてくれてありがとう
うちの子になってくれてありがとう
小太郎が我が家に来てから家の中が変わっていったよ^^


朝起きてもうあの定位置から
今日のにゃんず2
と言ってもらえないのは寂しい。。。

DSC04428.jpg
哀愁漂う後ろ姿も見れないね


kanakoさんが小太郎に繋がってくださり伝えてくださったのが
「旅立った言うな自由になったと言え」ということでした(;^ω^)
最後までおやじのように細かくめんどくさい小太郎でした(笑)

そんな小太郎は次のお役目がもう決まっていてその為に
今回長引くことなく逝ったのだそうです。

自慢の子です^^

そして私も知ってる
ダンナのお友達が小太郎の顔を見来て
「可愛いにしてもらって~ええ顔してるわ
がんばったな」と声かけてくださり

いろんな方からメールをいただいたりと
気にかけてもらって本当に幸せな子だなと思います^^


小太郎
おかんとおとんのところへ
来てくれてありがとね
LnlxxHCU8KUmkl11393982338_1393982432.png
ももやのんのこと受け入れてくれて
いろんなこと教えてくれて遊んでくれて
ありがとね


バイバイが嫌いな
小太郎

またね。
DSC05231.jpg



心と身体を休めたら
お仕事も再開しようと思います。

もう少しお休みさせていただきます<(_ _)>

今回の事で病気が発覚してから
ずっといろいろワークをしてくださった
kanakoさん

私の事まで気にかけてくれて
何度もお見舞いに来てくれた
桜さん
まる。さん

仕事帰りに駆けつけてくれた
心友のAちゃん

とても心強くて嬉しかったです。

お世話になりありがとうございました<(_ _)>

感謝です


最後に一緒に小太郎を見送ってくれた
あけび~
ルナっち
ありがとうね^^
DSC05243.jpg
Secret

プロフィール

アルテミス

Author:アルテミス
アルテミスこと岡崎 好真^^
主婦兼
アニマルコミュニケーター
ヒーリングファシリテーター
カリスマシャーマン
陰陽師の
デコボコ兄弟の母です^m^
プロフィール続き♪

☆彡セッションメニューは
こちらへ
Precious☆Soul

◆当ブログ内の画像の著作権はアルテミスにあります。
無断でのご使用はご遠慮ください。 
個人で楽しんで頂くのは歓迎です♪

artmis_artmis37をフォローしましょう

mixi_banner_05.gif

アメブロバナー1

デコボコ兄弟♪♪


『くぅ』さん
オグロプレーリードッグ
2002年春ごろ生
長男享年2歳
医療ミスのため
2004年4月23日虹の橋を渡る


『小太郎』
2003年12月10日生
次男享年10歳
生後10日で保護して
我が家の一員となる
動物には優しく
人間には手厳しい・・・
2014年4月10日虹の橋を渡る


『まめ』
2004年2月22日生
三男坊享年6歳
オグロプレーリードッグ
天然さんであまえんぼう
呼べば返事して走ってくる可愛いやつ♪
特技『もも』の専属
マッサージ師
2010年8月21日虹の橋を渡る


『もも』
2005年6月生(推定)
2005年9月4日保護
長女5歳
生後2~3カ月くらいの時に
お風呂屋さんの帰りに見つけ
翌日台風接近のため保護
悩んだあげく我が家に迎える
永遠の少女又は魔性の女ともいう
又はアルテミスの
可愛いストーカー♪

のんちゃん9
『のん』
2012年10月1日生まれ(推定)
2012年10月3日
terangbulanのマスターが釣りの
帰りに鳴き声に気付き
へその緒が付いたままの状態で
保護されその日からお預かりして
育児に奮闘(;^ω^)
そのまま11月1日家族に迎えました。
その時の記事
http://yoshipuu.blog11.fc2.com/blog-entry-700.html
KY・天真爛漫憎めないキャラ♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

コメントありがとうございます♪

カテゴリ

ランキング♪

ランキングに参加してます♪
ポチっと押して頂ければ励みになります。
fc2ブログランキング
fc2ブログランキング♪

人気ブログランキング

アニマルコミュニケーターランキング
にほんブログ村

お気に入りの本♪

お気に入りのショップ&ブログ

月別アーカイブ

ショッピング ♪





検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

最新トラックバック

FC2カウンター